嗅覚で認知機能を迅速判定するキット発売/小林製薬「ニンテスト」

 小林製薬は、香りを嗅ぎ認知機能のスクリーニングができるキット「ニンテスト」を9月21日から販売すると発表しました。医療機関に営業ルートを持つ栄研化学と業務提携し、全国の人間ドック施設や健診センターなどへ提案していきます。一般向けの販売は予定していません。

 ニンテストは、評価カップにスプレーした6種類の香料液の香りを被験者が嗅ぎ、回答から算出したスコアにより認知機能のレベルを判定。約5分と迅速な判定ができ、被験者の負担も少ない点が特徴となっています。小林製薬は、定期的なヘルスチェックの一つとして普及させたい考えです。

 認知症はさまざまな原因で認知機能が低下し、日常生活全般に支障が出てくる状態です。日本における65歳以上の認知症患者数は、2025年に約700万人(高齢者の5人に1人)になると予測されています。