Ⅲ.脳の高次機能と活動 記憶のしくみ 記憶の保持と想起のしくみ

記憶力向上には、記憶が保たれる時間の時間の長さだけでなく記憶をいかにスムーズに取り出せるかも重要だ。その作業の効率化には、いくつかの方法がある。今日はこの辺を勉強しましょう。

 

記憶には海馬が重要な役割を果たすが、記憶を固定して保持しているわけではありません。海馬を損傷した人は、新しいことを覚えることができなくても、幼児期のことなどは思い出すことができるからです。

 

短期記憶はリハーサルを繰り返すことで、長期記憶へと移行することができます。これを記憶の固定といいます。海馬では、感覚連合野や運動連合野から入力されて固定化されつつある情報を、修飾しています。すなわちエピソード記憶を、出来事の順序(時間)と場所を整理して、想定しやすくしていると考えられています。

 

しかし海馬では、記憶の固定まではおこなっていません。海馬で整理された記憶は側頭葉などの大脳皮質に固定されると考えられますが、詳細はわかっていません。

 

大脳皮質に固定された記憶をどのように想定するかもよくわかっていません。しかし、エピソード記憶の場合、やはり海馬が想起に関わっていると考えられています。記憶として固定されるまでの整理の段階で海馬は想起しやすい何らかの回路を残しており、それを手掛かりとして思い出すのではないかとされています。

 

その手がかりを残し易くする方法として下図のようなことが挙げられます。ポイントは、シナプスの可塑性です。シナプスを変化させてそれを維持します。すなわち記憶を深く刻むことで想起もしやすくなります。下図の工夫以外に記憶の要素を項目ごとに階層化したり、関連するひとつのまとまりとして記憶しておくなどの工夫も、想起のしやすさにつながります。

 

記憶に関してはまだ不明な点ばかりだが、最新の研究でわかってきたことも多々あります。

 

たとえば皮膚では新陳代謝でつねに新しい細胞が生まれていますが、脳の神経細胞の場合、脳発生初期以降は死滅するだけで再生することはないと長い間信じられてきました。しかし、近年では成人の脳細胞も新生することがわかってきています。(パチパチ!)

 

最初に証明されたのが、海馬の新生ニューロンです。ラットなどでは、ある種の学習や記憶に関わる行動をとると、新生ニューロンが増加することがわかり、ヒトでも同様のことが起きるとされています。

 

一方、記憶がつくられたり想起されるのを妨げるPP1(Protein Phosphatase 1)という酵素も発見されています。PP1の作用を抑制すると記憶力が向上するといいます。