Ⅱ.神経系の構造と機能 神経系の分類 神経ネットワークの全体像

神経は脳を中心として、体のすみずみまで張り巡らされて、全身を統制しています。その神経ネットワークは、中枢神経系と末梢神経系に大別できます。

 

中枢神経系は、脳とそれに続く脊髄で、頭蓋および脊柱管の中にある神経です。

 

末梢神経系は、中枢神経系以外の神経すべてを指します。

 

これは脳と脊髄から末梢組織へと向かう神経群で、中枢神経からの指令を体内の各部位に伝え、体内の各部位からの情報を中枢に伝えています。

 

 

解剖学的に見ますと末梢神経系には、脳神経と脊髄神経があります。

 

脳神経は、脳から直接末梢組織に伸びる12対の神経です。脊椎神経は、脊椎の椎間孔に出入りする31対の神経です。

 

末梢神経系は機能で分類すると、体性神経と自律神経に大別できます。

 

性神経は、意識下での運動(随意運動)と感覚を担っており、感覚神経と運動神経があります。

 

感覚神経は、体表や深部にある感覚受容器の興奮信号を、中枢神経に伝えています。運動神経は、中枢神経からの運動指令を、骨格筋などの運動を担う末梢組織に伝えています。

 

性神経が司る機能は、動物機能と呼ばれています。自律神経は、無意識下での内臓の動き(不随意運動)を司っており、その働きは植物機能と呼ばれています。(動物の逆は植物なんですね)

 

自律神経には、機能が相反する交感神経と副交感神経の2種類があり、お互いが拮抗し合って機能しています。